一度に借金を返すことによって得られるメリット どんな特徴のあるローンかを知る

checklist-1917547_640

おまとめローンでは、何社からもお金を借りてしまっている場合に、借りている借金のすべてを一度にもういちどかりなおし、一括返済をすることができるローンを言います。

借金を一本化させることができるようになっているため、何社からもお金を借りてしまっている場合には、とてもメリットの高いローンといわれています。

何社からもお金を借りてしまっている場合には、それぞれの借金を返していかなくてはいけないプレッシャーが付きまとってしまいます。

また、プレッシャーだけではなく、利息が高くなってしまう傾向にあり、一つ一つの借金の利息を計算してみると、何年もこつこつと返済をしたとしても、返すことができないことも少なくありません。

おまとめローンを利用し、それぞれ借りている借金を一括返済することができれば、高い利息を支払うということがなく、あとはまとめて借りた借金を返済するだけとなっています。

借金をまとめることができることによって、自分があとどれくらいのお金を返していけばいいのかを把握することができるだけではなく、利息も減らすことができます。

利息というものは、返すための期間が長ければ長いほどに支払わなくてはいけない金額も高くなってしまうため、利息が低いローンを選ぶということがとても大切となってきます。

おまとめローンの場合、利息を低めに設定してくれているところが多いので、高額な借金となってしまった場合にも、安心してお金を借りて一括返済をすることが可能です。

なぜ借金をまとめるというローンができたのか

おまとめローンの特徴は、借り入れが多くなってしまい、返すという意識は持っていたとしても、なかなか借金を返すことができないかたむけのローンとなっています。

借金をまとめることができるという特徴があるため、もうしこみをする際には、借り入れが一社以上ない場合には、カードローンなどを利用する方法が最適となります。

お金を複数の会社から借りている人のことを多重債務者といいます。多重債務者の場合、収入が多く返済に困ることがなければ、多重債務者となってしまってもなんの問題もありません。

しかし、平均的な収入であるのものの、借り入れを何社からも行っているとなっている場合には、毎月の収入からすべての返済をするということは難しくなってしまいます。

現在ローンを組むことができる銀行や消費者金融では、気軽にお金を借りることができるようになっているため、お金が必要となってしまった場合には、すぐにお金を借りるという行動に出てしまう方も少なくありません。

気軽にお金を借りることができるため、気づいたときには、多重債務者となってしまったということも少なくないため、借金の返済に困ってしまいます。何社からもお金を借りている場合、自分でも把握することができなくなってしまうことがあります。

しかし、一社に借金をまとめることができれば、あとはこつこつをお金を返していくことに収入することができるようになっているため、借金の呪縛から解き放たれることができるようになります。

借り入れを防ぐことができるメリット

2

多重債務者にとっては、お金がなくなってしまった場合には、すぐにお金を借りてしまうという癖がついてしまっている方も多くいます。

借金をまとめることができるローンの場合には、ローンを組むことによって、返済に集中することができるだけではなく、借り入れを防ぐことができるようになっています。

カードローンなどの場合、限度額に達していない場合には、何度もお金を借りるということができるようになっているため、何度も必要なときにお金を借りてしまい、なかなか返済が終了しないというケースが多くなってしまいます。

おまとめローンの場合、一度借り入れを行ってからは、もう一度借り入れをするということはできないというケースがほとんどとなっており、返済を終えることができなければ、お金を借りることはできません。

お金を気軽に借りることができないようになっているため、ついつい借りすぎてしまう者にとっては、借りすぎを防ぐということができるようになっています。

おまとめローンというサービスは、多重債務によって返済に困ってしまった方むけに誕生したローンとなっています。まずはお金を返すということに集中してもらうということが最大の特徴となっているローンです。

何度も借り入れをすることができてしまえば、借金を減らすということは難しくなってしまいます。借金のすべてを返すことができれば、もう一度お金を借りるということは可能なローンとなっているため、まずは返済に集中したいというかたむけのローンとなっています。

多重債務に悩んでしまった際には、まずはローンの申し込みをすることで、多重債務の悩みを解決することができる可能性があるため、人気のローンサービスとなっています。

おまとめローンの審査の通りやすさについて

複数の金融機関から借金をしているという人も珍しくは無くなりました。返済が順調という場合には問題はありませんが、複数から借入がある人の多くは、毎月の返済で何らかの悩みを抱えているのではないでしょうか。

複数から借りているということは、返済日も一ヶ月に何日もあるということでいうことであり、返済のための手間もかかってしまいます。それだけではなく返済日を忘れてしまい、滞納してしまうというリスクも高まります。

おまとめローンで一本化することにより、返済日もまとめることができるので、返し忘れることもなく精神的な負担も軽減させることができます。

もちろんそれだけではなく、うまく利用することができれば金利手数料を下げることができるので、トータルの返済額を減らすことができるというメリットもあります。しかしおまとめというように、複数の借入をまとめるということは、その分金額も大きくなりがちです。

そうなれば、貸す側のリスクもかなり高くなるので、本当に返済してくれる能力があり、信用できる人にしか貸さないというのは当然のことです。その分審査も厳しい傾向にあります。

審査の基準は、業者による違いも大きくなっており、審査通りやすいかどうかは、業者を見極めることがポイントとなってきます。それだけではなく、個人による収入と借りる金額のバランスもあるので、よく考えて選ばなくてはなりません。

もちろん個人信用情報にキズがあるという人は、審査通りやすいとされているおまとめローンでも審査をするまでもなく落とされてしまうことになるので、個人信用情報にキズがないのかということを改めて考えておき、問題がない場合にのみ申し込んでみるようにしましょう。

審査通りやすい人の特徴について

まずは何社から借りていて、総額がいくらなのかという点が重要になってきます。会社によっても違いがあるので、一概に何社からということはできませんが、借入件数は少ない方が審査通りやすいということは間違いありません。
規定にもよる違いもありますが、借入件数は三件程度ならば通る可能性は高くなっています。つまり、四件以上となればまとめにくいということは頭に置いておくべきです。

金額に関しては、まとめローンとなると高額になるケースが多くなっていることから、消費者金融の収入の三分の一を超える借入は禁止となっている総量規制が気になるのではないでしょうか。

しかし、顧客に一方的に有利になる借り替えは例外となっているので、その点は心配いりません。もちろん消費者金融でも審査が通れば利用できます。しかしそう高額を融資してくれるところは、多くはないということは頭に置いておくべきです。

借入状況には信用情報を取得すれば内容は全てわかりますが、延滞をはじめとした金融トラブルがないということが前提となっています。

それにプラスして、信用情報に登録されている内容と申し込み用紙に記載されている、住所や電話番号、そして勤務先情報は変わっていないと審査がしやすくなり、通りやすくスムーズです。

引越しをしている人の場合には、本人証明書がきちんと住所変更しているのかという点もチェックしておきましょう。

事前に審査に必要となる書類などを準備しておくことで、スムーズに審査を受けることができるというのはもちろんのこと、金融機関にも好印象を与えることができるので、審査に通りやすくなる傾向にあるといえます。

嘘をつかず正しい内容を申請するということもかなり重要なポイントとなってきます。

中には、審査をクリアしたいからといって、借入件数や金額に嘘をついて申請する人もいますが、嘘をついても調べられることであり、絶対にバレてしまいます。

嘘をついた時点で信頼できない人という判断をされることになり、本来ならばクリアすることができたはずの審査でも落とされてしまうことにつながります。

嘘をついたつもりはなくても、内容に間違いがあると嘘をついたとみなされることもあるのでミスがないように十分気をつけましょう。

審査に通りやすい借入先はあるのか

hatena01

審査をクリアしやすい金融機関はないのかと考え調べる人も多いのではないでしょうか。

金融機関ごとに審査の通りやすさに若干の違いはありますが、複数の借金を一つにまとめるということは、高額になるので貸す側の負担やリスクも多くなっており、そ全体的に厳しいのが一般的となっています。

銀行と消費者金融がありますが、基本的には銀行の方が金利が低くなっていて利用できれば銀行の方が良いですが、審査は厳しくなっています。

消費者金融は金利は銀行よりも高いというデメリットはありますが、その分審査には通りやすい傾向にあります。

お金の借り方としては、まずは銀行に申し込んでみて、通らなかった場合には消費者金融のおまとめローンに申し込んでみるという順番にしておくと、より負担も減らすことができます。